AVBADの互換機 BOS-IIとAxis – PLUSの徹底レビュー!

2018年11月15日に本家IQOSに新型が登場しました!
新型のIQOS3とIQOS3 MULTIはそれぞれ旧作のIQOSからいくつかの改善点があります。

IQOS3の主な改善点
  1. 吸いごたえは旧IQOS(2.4plus)と一緒
  2. MULTIは連続使用可能(満充電で最大10本)
  3. クリーニングスティックの改良

新型IQOSにはいくつかの改善点がありましたが、温度調節機能・価格にアイコス互換機に優位性がまだまだあります。

まだまだ現役として購入価値のあるAVBAD BOS-IIとAxis-PLUSのレビューしてみたいと思います。

\ 本家IQOSより安くてバッテリーの持ちも◎ /

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSと本家IQOSの比較

まずは本家IQOSとBOS-IIとAxis-PLUSのスペックを比較していきます。

BOS-II
Axis-PLUS
IQOS2.4
IQOS3 MULTI
実売価格 ¥3980 ¥3980 ¥7980 ¥8980
吸引時間 最大4分 最大4分 最大6分 最大6分
吸引回数制限 17回 15-17回 14回まで 14回まで
最大使用本数 約15±2本分 約15±2本分 約20本分 約10本分
加熱待ち時間 約15秒 約15秒 約20秒 約20秒
加熱方式 ロッド ロッド ブレード ブレード
サイズ 9.3×1.8×2.2cm 10×1.9×2.3cm 11×5×2cm 2.5×1.5×12cm
重量 50g 40g 119g(ホルダー19g+チャージャー100g) 50g
バッテリー容量 900mAh 900mAh 2900mAh(ホルダー120mAh)
特記事項 温度調節可能(高・中・低) 温度調節可能(高・中・低) 毎回チャージャーで充電が必要 連続使用可能

新型のMULTIではないIQOS3は連続使用が不可能で高価(¥10980)なのでアイコス互換機よりもかなり劣るので、ここではIQOS3 MULTIと比較しました。
AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSは温度調節機能(高・中・低)に加え、15本以上の連続使用が可能なうえ、実売価格4000円程度と半額以下の価格(IQOS3 MULTIは約9000円)で購入可能です。

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSの使い方

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSの使い方のどちらも使い方は基本的な使い方は一緒です。

どちらの製品も日本語説明書が付いていますが、若干日本語がおかしいところがあるので使用方法をまとめました。

STEP.0
温度変更
BOS-II・Axis-PLUSのどちらも高中低の3段階の温度調節機能が付いています。
本機能は加熱開始前(電源OFF時)に行う必要があります(加熱開始後は温度変更できません)。
avbad-bos2-axisplusの3段階の加熱モードの変更方法
電源OFFの状態で電源ボタンを3クリックすることでランプが点灯します。

  • ランプ点灯1つ:低温モード
  • ランプ点灯2つ:中温モード
  • ランプ点灯3つ:高温モード

3クリックする事に温度モードが切り替わります
好みの温度に設定後、3秒ほど放置するとモードが決定されます。

STEP.1
ヒートスティックを差し込む
avbad-bos2-axisplusにヒートスティックを挿し込んだ状態の画像
IQOSと同様にスティックを差し込みます。本家IQOSと異なり、ロッド式のため断然差し込みやすいです。

STEP.2
電源オン
電源ボタンを3クリックで電源オン。

STEP.3
加熱開始
avbad-bos2-axisplusの電源オンオフ
電源オンの状態で3秒間長押しで加熱開始。BOS-IIは電源ボタンが青点滅、Axis-PLUSは電源ボタンが緑点滅。

STEP.4
加熱準備完了
15秒ほどで加熱が完了すると電源ボタンが点灯に切り替わります。(BOS-IIは青点灯、Axis-PLUSは緑点灯)

STEP.5
加熱途中の中断
加熱時間を中断するには、電源ボタンを3秒長押しします。赤ランプの点滅とともに加熱が中断されます。

STEP.6
加熱終了
加熱時間が残り50秒、もしくは残り2回の吸引回数になるとバイブでお知らせとともに緑色のランプが点滅します。

4分間の使用、もしくは15−17回吸引すると加熱が終了します。

STEP.7
クリーニングモード

必ずトップキャップを外した状態でクリーニングモードを起動します。

電源オンの状態で電源ボタンを3回クリックすると赤ランプと緑ランプが交互に点滅し、加熱クリーニングモードが開始します。

30秒ほどの加熱クリーニング後、1分程度放置して温度が下がってから綿棒などで掃除します。

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSの充電方法

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSの充電時の注意点として、1A(アンペア)以下のACアダプターによる充電です。

最近では2A以上の充電器も増えていますので、注意してください。過剰なアンペアによる充電は機器の故障や様々なトラブルの原因となります。

よくわからない方・対応アンペアのACアダプターが無い方はパソコンにUSBケーブルを接続しての充電であれば1A(アンペア)での充電なのでパソコン経由での充電をオススメします。

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSの評価

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSの2機種の違いは主にデザイン面のみで、使用感に関しては、ほとんど違いがありませんでした。

どちらの機種にするか悩んでいる方は、デザイン面の好みで選んでOKです!

そんな2機種ですが、評価としていい部分悪い部分をまとめてみます。

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUS悪い部分
  1. スティックを刺す部分にカバーなし

IQOS3 MULTIには、スティックを刺す部分にスライド式のカバーが存在しています。
BOS-IIとAxis-PLUSのどちらもスティックを刺す部分は、開きっぱなしです。

キャップなどがないため、持ち歩きの際に、そのままポッケにインすると吸いカスがこぼれ落ちる可能性や臭いが漏れる可能性があります。

IQOS3 MULTIのキャップ部分が開閉式になっているのでその心配がありません。

ただ、BOS-IIとAxis-PLUSはロッド式の加熱方式を採用しているため、スティックを抜いた際のカスや臭いが残りにくいので、カスのこぼれ落ちはあまり気になりません。

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSいい部分
  1. 15本前後のスティックが使用可能
  2. 温度調節機能付き(高・中・低)
  3. 価格は半額以下

AVBAD BOS-IIとAxis-PLUSのいい面の評価としては、IQOS3 MULTIでは10本程度の使用可能本数ですがAVBADの2機種は15本前後使用可能です。

その上、温度調節機能付き(高・中・低)により吸いごたえを調節可能です。

これらの付加機能が付いた上で価格はIQOS3の半額以下で購入可能とかなり大きな優位性があります。

\ 2019年最強のアイコス互換機はドレ? /
おすすめアイコス互換機ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です