MSN M50レビューと使い方:高級感ある質感がオススメ!

MSN M50のレビューと使い方を徹底解説!
と、その前にアイコス互換機選びで重視する点はドコにありますか?

アイコス互換機選びのポイント
  1. 吸いごたえ
  2. 値段(安さ)
  3. 温度設定の幅
  4. デザイン性

主に4つに集約されるのではないでしょうか。

MSN M50はマグネシウム合金製を採用した高級感あるデザイン性に吸いごたえや手に取りやすい価格帯(5000円以下)とオススメの1台です。

欠点面としては、2段階の温度設定と互換機としては、やや物足りません(アイコス互換機で主流は3段階、機種によっては1℃単位での設定が可能な機種もあります)。ですが、MSN M50はしっかりとした吸いごたえとキック感を実現しているので温度設定機能面を重視する方以外は気にならない性能だと実感しています。

私自身、20機種以上のアイコス互換機を使用してきましたが、本体の高級感に関しては随一の完成度を誇ります。はっきり言ってしまうと本家IQOSも超えた質感です。

機能面は十分な性能を有していますので、MSN M50のデザイン性がとにかく気に入った!そんな方は買いの一台です!

まずは、MSN M50の良さ悪さからご紹介していきたいと思います。

MSN M50のメリット・デメリット

本記事の最後にMSN M50のメリットとデメリットをまとめてみます。

メリット
  1. 高級感ある質感
  2. 本家IQOSより掃除がラク
  3. 磁着のキャップが脱着カンタン
  4. チェーン利用可能
デメリット
  1. フタ無し
  2. 2段階の温度切替(他の互換機と比較して少ない)
  3. やや重めの本体(73g)

なんと言ってもMSN M50最大の特徴はデザイン性です。少し重量感ある本体は持つ喜びを刺激します。細かい部分では、本家IQOSよりも掃除がラクなつくり、磁着のキャップ、そしてチェーン可能な機能面などが特徴的です。

その反面、IQOS3 Multiではスティックの差込口が開閉式ですが、MSN M50は蓋がありません。そして、温度切替機能は2段階と他のアイコス互換機と比較すると調整幅は少ないです(吸いごたえは問題ありません)。
重めの本体はデメリットといえばデメリットとも言えます。

デザイン性が気に入ったらMSN M50は強くおすすめできる1台です。ただ、機能面を重視するのであれば、もっと高機能なアイコス互換機が存在しています。

\ 2019年最強のアイコス互換機はドレ? /
おすすめアイコス互換機ランキング

MSN M50とIQOS2.4/IQOS3 MULTIとの比較

m50と本家IQOS3とIQOS3 MULTIの比較画像

画像の通り、縦のサイズ感はIQOS3 MUTLTIとほぼ同等、厚みはやや厚めな感じです。MSN M50の重量は73gとコンパクトボディの割にずっしりと重厚感のある作りになっています。(やや重いのは、筐体がマグネシウム合金製なためかと思われます)

MSN M50
IQOS
IQOS3 MULTI
吸引時間 4分 最大6分 最大6分
吸引回数制限 なし 14回まで 14回まで
最大使用本数 約25本分 約20本分 約10本分
加熱待ち時間 約15秒 約20秒 約20秒
サイズ 10.7×2.2×2.2cm 11×5×2cm 2.5×1.5×12cm
重量 73g 119g
(ホルダー19g+チャージャー100g)
50g
バッテリー容量 1450mAh 2900mAh
(ホルダー120mAh)
特記事項 2段階の温度調整 毎回チャージャーで充電が必要 連続使用可能

※取扱説明書には温度調整が3段階と表記がありましたが、どう操作しても2段階しか確認できません。。。

M50の同梱物一覧

m50の同梱物一覧画像
M50の同梱物は、本体・取扱説明書・クリーニング用綿棒・USBケーブル・合格証(検品証)

充電時の注意点

充電時のLED表示:赤点灯:0-40% / 青点灯:40-85%/ 緑点灯:85-99%

5V=1Aでの充電制限があります。(取扱説明書・パッケージには記載がありませんでしたが、メーカー公式ページに記載があります。)

急速充電と表記のあるような充電器やACアダプターは使用厳禁です。
1AのACアダプターが見当たらない場合、パソコン経由での充電が無難です。

MSN M50の使い方レビュー

STEP.1
ヒートスティックを差し込む
m50にヒートスティックを挿し込む
本家IQOSと同様にブレード方式の加熱ですので、スティックをひねらず垂直に差し込みます。

ちなみに、M50のヒートスティック差込口はやや狭めで少し挿しにくいです。

STEP.2
電源オン/オフ
・ボタン5秒長押しで電源オンオフ切り替え

STEP.3
バッテリー残量表示
・ボタン1クリックでバッテリー残量表示
表示:赤点灯:0-20% / 青点灯:20-80%/ 緑点灯:80-99%

STEP.4
加熱開始
・ボタン3連打で加熱開始/バイブとともに加熱開始

・約15秒で加熱完了/バイブとともに加熱ランプ点滅⇒点灯に

STEP.5
加熱温度の変更
・ボタン3連打で温度切替/青LED点灯:低温・白LED点灯:高温

STEP.6
加熱途中の中断
・加熱途中の中断は、電源ボタン2秒長押し

STEP.7
加熱終了
・加熱開始から4分で加熱終了

STEP.8
クリーニング
・掃除は磁着のトップキャップを外した状態で

※開口部が広く、加熱部に綿棒が届きやすく掃除しやすいです。

MSN M50オススメポイント
  1. マグネシウム合金の高級感あるボディ
  2. ブレードが掃除しやすい
  3. 連続使用可能
  4. 本家IQOSと異なり2段階の温度調整可

MSN M50の購入は現状(2019/3/21時点)ではAmazonのみで販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です